1月31日
低体温の人はインフルエンザに気をつけよう

基礎体温が下がると、免疫力が落ちると言われています。常に体が冷えていて風邪をひきやすい人は、体内酵素の働きが悪くなり、抵抗力が落ちている可能性があります。また「お年寄り」は、若い人に比べて、ウィルスから体を守るための炎症反応が出にくいことがあります。そのためインフルエンザの症状が、見かけよりも重たいこともあります。

前へ

バックナンバー

2013年1月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。