2月7日
冷え症には、しょうがと羊肉を食べよう

冷え性の人は血行が悪いことが多いですが、食品で改善できることがあります。辛み成分の「ショウガオール」や「ジンゲロール」には、血管を広げるなどして血行をよくする働きがあり、体を中から温める働きもあります。また、羊肉に多い「カルニチン」は、脂肪のエネルギー代謝をサポートし、体熱がアップするとも言われています。オススメ料理は、「羊肉のしょうが焼き」。冷え症で悩んでいる人は、試してみましょう。

前へ

バックナンバー

2013年2月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。