2月14日
アルコールが体内で分解される流れを知ろう

お酒を飲んだときに、アルコール分は「肝臓」で分解されます。酵素で分解されると、「アセトアルデヒド」という有害物質になり、さらに分解されると、「酢酸」になります。これが全身の筋肉に運ばれて分解されると、最終的には「二酸化炭素」と「水」になり、息や尿となって排泄されるのです。ビールの大瓶1本を肝臓で分解するためには、3時間程度かかります。

前へ

バックナンバー

2013年2月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。