2月18日
インフルエンザのワクチン有効率を知ろう

予防接種の効果は、幼児で20〜30%、大人で70〜90%と言われています。ワクチンは、インフルエンザ脳症など、重症化を未然に防ぐ効果もあります。子供は脳症、老人は肺炎で亡くなる人もいます。13歳以下の子供は、特にインフルエンザの経験が少なく、基礎免疫が低いため、ワクチンを2回接種し、抗体を強化することが大切です。

前へ

バックナンバー

2013年2月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。