3月2日
肝臓にはニンニクがいいことを知ろう

肝臓は、体の化学工場と呼ばれ、毒素を分解するなど、代謝の中心として重要な働きをしています。また、病気や不調が静かにゆっくり進行する特徴があります。肝臓の病気を予防するには、ニンニクを食べるのがオススメです。ニンニクには、肝炎の予防、解毒力のアップ、アルコール分解、代謝力アップにつながるそうです。

前へ

バックナンバー

2013年3月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。