3月18日
ヒールの高い靴による、足裏の負担を知ろう

ヒールが高い靴を履いていることで、足裏の「親指の付け根」から「中指の付け根」にかけて、角質が厚くなったり、痛みが出ることがあります。ヒールの高い靴を履き続けると、足の甲の筋肉が使われず衰えてしまったり、足裏の重心が本来かかる位置からズレてしまいます。その人の重心によって、足裏の角質の位置は移動することを知っておきましょう。

前へ

バックナンバー

2013年3月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。