4月5日
腐った卵のニオイは、胃腸の病気を疑おう

胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍など、胃腸の病気があると、食べ物が十分に消化されません。すると体内で異常発酵し、そのニオイが血液から肺に運ばれ、卵の腐ったような口臭になることがあります。心当たりのある方は、胃腸が弱っていたり、病気があるサインかもしれません。

前へ

バックナンバー

2013年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。