5月24日
虫垂炎を理解しよう

盲腸の先端には、細長い「虫垂(ちゅうすい)」という器官があります。ここで起こる炎症を「虫垂炎(ちゅうすいえん)」といい、「盲腸を切る」といわれるのは、一般的にこの部分をいいます。虫垂炎は、最初から右下腹部に痛みが起こるケースと、他の場所から痛みだし、時間の経過とともに右下腹部が痛くなるケースがあります。吐き気や嘔吐を伴うことも多く、発熱を伴うこともあります。

前へ

バックナンバー

2013年5月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。