6月19日
金針菜を食べて夏の暑さを乗り切ろう

金針菜(キンシンサイ)とは、ユリ科の花であるヤブカンンゾウという花のつぼみです。とくに鉄分が多いとされ、止血・増血作用があり、貧血予防にも役立ち、精神を安定させる働きもあります。金針菜は、高タンパク、高カロリーなので、夏バテ対策に役立つ食材としての薬効も注目されています。

前へ

バックナンバー

2013年6月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。