7月2日
脳が疲れたら仮眠で回復させよう

疲れた時にコーヒーを飲むと、カフェインの働きで一時的に、疲労感をまぎらわすことができます。しかし、「疲労感」は消せても「疲労」はなくなりません。疲れが溜まると、頭の働きが低下し、仕事の能率も悪くなります。こんなときは、15分ほど仮眠を取って、脳の疲れを回復させましょう。

前へ

バックナンバー

2013年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。