7月4日
トマトを食べて、暑気あたりを抑えよう

トマトは、東洋医学的に「微寒性」で、体内にこもった余分な熱を収め、暑気あたりを抑えます。また、消化を促進させることで「肝」の解毒を助けますから、夏バテ防止にもピッタリの食材です。ただし、トマトは体内に水分を溜めやすい性質をもっているため、食べ過ぎると「胃腸」の負担になります。水分の排泄力が衰えている方は、控えめにすると良いでしょう。

前へ

バックナンバー

2013年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。