7月10日
コンブを食べて、高血圧を予防しよう

コンブは海の野菜と呼ばれ、東洋医学的に「寒性」の性質をもっています。そのため夏場は体内にこもった熱を抑える効能があります。さらに、コンブは「ラミニン」や「アルギン酸」を豊富に含んでおり、血圧を下げる作用があります。ただし、胃腸の弱い方、冷え性、下痢傾向のある方は体質的にあまり適さないので控えめにするとよいでしょう。

前へ

バックナンバー

2013年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。