7月11日
コラーゲンを摂って合成する確率を上げよう

体内でのコラーゲンの合成は、35歳を過ぎた頃から急激に低下します。正常なコラーゲンの割合は年齢とともに減少していき、60歳では35歳頃の「約3分の1」まで減少します。また、コラーゲンを食事で摂っても、体内でアミノ酸に分解吸収されるため、肌のコラーゲンになるわけではありません。ただ、最近の研究では、コラーゲンを摂ることで肌のコラーゲン代謝が良くなり、再度コラーゲンとして合成される確率が高くなることが分かっています。

前へ

バックナンバー

2013年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。