7月15日
歯ブラシは、ペンのような持ち方で磨こう

歯をゴシゴシと強くこすると、歯の表面にある「エナメル質」が削れてしまいます。歯ブラシは握りしめず、ペンのように軽くもって磨くようにしましょう。ブラシの先が曲がらないように、歯にちょこんと当てます。そして小刻みに、小さく動かすのが正しい歯ブラシの仕方です。

前へ

バックナンバー

2013年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。