7月21日
歯は、エナメル質でできていることを知ろう

カラダで硬い場所といえば、代表的なのが「歯」と「骨」です。歯の表面は、カルシウムを主成分とする「エナメル質」で覆われています。このエナメル質が、実はカラダの中で一番硬い組織です。歯は食べ物を噛み切ってすり潰す…という「強い力」を必要とするからです。その歯が虫歯になったり、穴が開いてしまうのは、歯の表面は「酸」に弱いからです。口内の細菌が食べ物と触れると、いろいろ変化しながら「酸」を出し、歯の表面が溶けて穴が開き、虫歯になります。

前へ

バックナンバー

2013年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。