7月22日
夏バテ対策として、豚肉とゴーヤを食べよう

夏の暑さに対抗する食材と言えば、「ゴーヤ」です。豊富なビタミンCがエネルギー合成を促し、疲労を回復してくれます。さらに苦味成分「モモルデシン」が食欲増進や、体を冷やす作用で夏疲れを抑えるのに働きます。あわせて豚肉に多い「ビタミンB1」で、疲れ物質の「乳酸」を分解しましょう。おすすめは、ゴーヤと豚肉を合わせた炒め物です。

前へ

バックナンバー

2013年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。