8月10日
アボカドを食べて、腸の粘膜を潤そう

アボカドは、東洋医学的に「平性」で、腸の粘膜を潤しながら、便通を良くする働きがあります。またアボカドは、11種類のビタミンを豊富に含み、14種類のミネラルをバランスよく含有しています。そのため、消化力の正常な方が強いカラダを作るには、とても良い食材と言えるでしょう。

前へ

バックナンバー

2013年8月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。