10月17日
平茸を食べて、胃の働きを助けよう

平茸(ひらたけ)は、胃の働きを助ける作用があります。そしてカラダの抵抗力を高め、寒気を追い払う作用もあります。平茸はそのままでは消化されにくい食材ですが、煮ると消化されやすくなる食材です。平茸に含まれている「タウロコール酸」は、胆汁の成分の一つで、「脂質の消化吸収」を促進してくれます。動脈硬化や狭心症の予防に役立つ食材とされています。

前へ

バックナンバー

2013年10月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。