10月22日
総タンパクが低くないか注意しよう

タンパク質は、カラダの多くの部位をつくる成分です。「総タンパク」の数値が低い場合は、体内の色々なところがタンパク質不足になっているかもしれません。また腎臓の指標である「尿素窒素」は、もともとタンパク質の廃棄物です。数値が低いなら、これもタンパク質不足の可能性があります。理想は、基準値の中間ぐらいがベストです。健康診断の時にセルフチェックをしてみましょう。

前へ

バックナンバー

2013年10月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。