10月24日
高齢者に多い、骨粗しょう症について知ろう

「造られる骨」より、「吸収される骨」のほうが多くなって、骨量が減少した状態を「骨粗しょう症」と言います。原因として考えられるのは、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減少し、ホルモンバランスが崩れてしまうことがあげられます。閉経後の女性に骨粗しょう症が多いのも、実はそのためなんですね。また過激なダイエットをして栄養障害を起こし、骨粗しょう症を引き起こすケースもあります。

前へ

バックナンバー

2013年10月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。