11月1日
サラサラ唾液で口臭を防ごう

年齢を重ねていくうちに、体内の水分が減って、唾液が出にくくなり、口臭が気になることがあります。そんな時は、舌の付け根を動かして、サラサラの唾液を出してみましょう。舌の付け根の裏には、「唾液(だえき)が出る穴」があり、舌を動かすと刺激されて、口を潤す唾液が分泌されるのです。上下の唇と歯を1〜2cmほど軽く開け、そのまま「ラララ〜」と言うように、舌を上下に動かしてください。コツは、舌先を「下の前歯の裏側」と、「上あごの天井部分」に交互に当てていくように動かします。

前へ

バックナンバー

2013年11月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。