11月4日
寝始めの3時間で熟睡して肌を活性化しよう

美肌のためには、夜10時〜朝2時に眠ることがいいとされますが、忙しい現代女性にとっては難しいことがあるかもしれません。しかし寝始めの「3時間」を途切れなく熟睡すると、肌を活性化させる「成長ホルモン」の分泌を増加させることができます。入眠前には「照明の明るさ」を抑えてみたり、「体を温める」など熟睡できる環境をつくっていきましょう。

前へ

バックナンバー

2013年11月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。