11月11日
睡眠中に呼吸が止まる、いびきに注意しよう

のどの奥には「軟口蓋(なんこうがい)」というフタがあります。私たちが起きている時には、食道と気管の切り替えのために働かなくてはならず、いつもピーンと緊張しています。しかし眠りにつくと、軟口蓋(なんこうがい)の緊張はフワ〜っとゆるんでしまいます。それがゆるみすぎると、鼻や口で呼吸する度に震えて、「いびき」を起こしてしまうんですね。この軟口蓋がピタッと気道をふさいでしまうと、呼吸ができずに「呼吸停止」状態になります。この状態を「睡眠時無呼吸症候群」といい、睡眠時間は足りているはずなのに、昼間猛烈な眠気に襲われることがあります。

前へ

バックナンバー

2013年11月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。