11月15日
疲れやすい体質は、鉄分不足を疑おう

血液の成分である「ヘモグロビン」は鉄分を含んでおり、その量は、貧血の指標となります。カラダには他に「フェリチン」という貯蔵鉄があり、鉄分不足だとそれを使う仕組みです。つまり、ヘモグロビン値が低い人は、「フェリチン不足」の可能性があるのです。この貯鉄不足は、貧血や疲れ、めまいなどの不調を引き起こすこともあります。

前へ

バックナンバー

2013年11月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。