11月21日
坐骨神経痛の症状について知っておこう

坐骨神経痛とは、腰からお尻、足先にかけて通っている「坐骨神経」に痛みが起こる症状です。痛みが出やすい場所は、「片側のお尻部分」「太ももの後ろ側」「ふくらはぎ」「かかと」「足くるぶし」などです。痛みだけではなく、下肢がしびれたり、知覚が鈍くなったりすることもあります。起こる原因としては、背骨で起こる「椎間板ヘルニア」によるものや、脊椎(せきつい)や腰椎の変形で、腫瘍が神経を圧迫して起こるケースなどがあります。

前へ

バックナンバー

2013年11月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。