12月27日
声変わりする男性の、声帯の変化を知ろう

男性は思春期になると、少しずつ「声変わり」していき、低い声質になっていきます。これは思春期に、のどの軟骨が成長して「のど仏」が出てくるときに、声帯も前後に引っぱられて大きくなるためです。声帯の発育中は、声を出そうとしても声帯がうまく振動しません。そのため、声が出しにくくなり、かすれた声になりがちなのです。

前へ

バックナンバー

2013年12月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。