1月5日
だし昆布をカットして、口臭予防に使おう

昆布の「葉緑素」には、口臭の消臭効果があります。さらに昆布をなめていると成分がジワジワと溶け出してきます。手軽にこの効果を利用するには、乾物の「だし昆布」を小さくカットし、噛まずに口の中に入れておくだけでOKです。唾液の分泌も促して口臭を予防することができます。

前へ

バックナンバー

2014年1月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。