1月8日
気管支の終点、肺胞について知っておこう

肺の中には「気管支」がありますが、その終点は「終末細気管支」となり、先端には「肺胞(はいほう)」が付いています。肺胞はものすごく小さくて、泡のような袋状になっています。左右の肺にある肺胞は、全部でおよそ6億個にものぼり、表面積は畳30〜40枚分もあり、酸素を取り込み、二酸化炭素を排泄しているのです。

前へ

バックナンバー

2014年1月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。