1月22日
肝臓はガマン強く、サインを出さないと知ろう

肝臓はとてもガマン強い臓器です。そのため、かなり悪くならなければ「異常サイン」を出してくれません。症状に気づいたときには重症になっていることも多く、肝臓は「沈黙の臓器」とも言われています。肝臓の特徴として、壊れた細胞を修復する「再生能力」がとても優れています。機能面でも「3分の1」ほど残っていれば、ほぼ問題ないといわれます。異常に気づきにくいからこそ、肝臓の健康管理には十分注意しましょう。

前へ

バックナンバー

2014年1月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。