2月5日
骨の内部のカルシウムの働きに注目しよう

カルシウムは、心臓や脳、筋肉などの働きをスムーズに行うために欠くことのできない物質でもあります。血液中には、常に一定量のカルシウム濃度が保たれています。血液中のカルシウムが不足したときのために貯蔵している場所が「骨の内部」です。食事でカルシウムの摂取が不足すると、この「骨」からカルシウムが溶け出して、血液中に補充されるのです。

前へ

バックナンバー

2014年2月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。