2月14日
炭酸水で茶色いクマをケアしよう

上を向いても薄くならない目の「茶色いクマ」は、色素沈着が原因だといわれています。日焼けや古い角質が蓄積したところに「摩擦」や「乾燥」が加わると、その場所のクマが濃くなってしまうのです。できてしまった時の対策は、コットンに炭酸水をたっぷり含ませて、目元に3〜5分ほど貼ります。その後に刺激の少ない「美白化粧品」をあてて、優しく押さえるようにしてつけましょう。茶色いクマは「摩擦」で悪化するので、間違ってもゴシゴシこするのは禁物です。

前へ

バックナンバー

2014年2月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。