2月21日
尿が体液のミネラルを調整していると知ろう

成人のカラダの約6割は、「水分」で作られています。水分(体液)には、ナトリウム、カリウム、カルシウムなどの「ミネラル分」が豊富に含まれています。細胞が活発に働くためには、このミネラル分がいつも一定の濃度に保つ必要があります。ミネラルが多すぎる成分は尿で多く排出させて、少ない成分は排泄を抑えようとします。こうして尿は、体液のミネラルを調整するという重要な役割を担っています。

前へ

バックナンバー

2014年2月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。