3月11日
お腹の張りや、鳴りのサインに注意しよう

毎日のようにお腹が張ったり、お腹が鳴ることはありませんか?東洋医学的には「小腸」に問題があると、食べ物の選別機能がうまく働かず、お腹が張ったり、「腸鳴(ちょうめい)」というお腹の鳴る頻度が多くなります。小腸は食べ物を消化吸収をする、重要な器官です。お腹の張りや鳴りが気になる方は、小腸を検査してもらうと良いでしょう。

前へ

バックナンバー

2014年3月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。