3月31日
不正出血が多い人は、頸管ポリープを疑おう

頸管(けいかん)ポリープとは、「子宮頸管」の粘膜の一部がふくらんで、膣に垂れ下がったポリープができて出血を起こすものです。30〜40代の出産経験者に多く、女性ホルモンの影響のほか、細菌感染による炎症も原因と考えられます。治療は、外来の診察時にできるカンタンな切除でOKです。不正出血が多いと感じる人は、頸管ポリープの可能性もあるので、婦人科を一度受診するとよいでしょう。

前へ

バックナンバー

2014年3月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。