4月6日
患者の多くが女性、線維筋痛症を知ろう

線維筋痛症(せんいきんつうしょう)の主な症状は、体のどこかがいつも痛んだり、指で押すとそこが痛んだり、微熱があったりします。圧倒的に女性に多く、中高年での発症が中心です。大変な痛みを伴いますが、まだまだ認知度が低く、検査で「異常なし」とされるケースも多くあります。痛みの刺激に対する、脳と身体の過剰反応などが原因と考えられており、米国では人口の2%が発症していると言われる病気です。

前へ

バックナンバー

2014年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。