4月7日
人体で一番大きな細胞、卵子について知ろう

卵子は、人体で一番大きな細胞と言われます。大きさは直径0.1〜0.2mmあり、目で確認することもできるほどの大きさです。真ん中には透明な帯に包まれた「卵黄」と「核」があります。この核には、23本の染色体があり、母親の遺伝子情報がぎっしり詰まっているのです。

前へ

バックナンバー

2014年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。