4月23日
疲労が続く慢性疲労症候群を知ろう

休んでも取れない強い疲労が長く続く病気「慢性疲労症候群」は、20〜40代の女性に多い傾向があります。主な症状は、ひどい疲労感、倦怠感が続いたり、微熱や悪寒、すぐ眠くなる、また寝られないなどが挙げられます。ストレスなどによる免疫の低下と、ウイルスや細菌の感染が複雑にからみ合って発症するとされています。免疫を回復させる「漢方薬」と、体内バランスを整える「ビタミンB12」を摂取することで改善することがあります。

前へ

バックナンバー

2014年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。