4月28日
消化吸収を助ける、胆汁のパワーを知ろう

肝臓で作られる「胆汁(たんじゅう)」は、90%以上が水分で出来ていて、5〜10倍に濃縮されて「胆のう」に貯蔵されています。胆汁そのものには消化吸収酵素はありません。すい液に含まれるアミラーゼやリパーゼなどの消化酵素をアシストし、より効率的に働けるように活性化させるのが胆汁の役割です。さらに分解された脂肪を、腸内で吸収されやすい形に変えるのも胆汁の仕事なのです。

前へ

バックナンバー

2014年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。