4月29日
コルチゾールとDHEAを知ろう

体は、ストレスを感じると「コルチゾール」というホルモンを出し、血糖値や血圧を上げ、戦闘モードになりやすくなります。しかし、「コルチゾール」は体をサビさせる作用もあるので、同時に「DHEA」というホルモンも出し、「コルチゾール」の分泌を抑えます。しかし、40歳前後になるとこのバランスが崩れ、「コルチゾール」の値が高いままになることがあり、冷えや疲労などの不調が出やすくなります。この2つのホルモンのバランスが悪いと、体の不調が多くなります。

前へ

バックナンバー

2014年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。