7月7日
皮膚の圧力を感じ取るメカニズムを知ろう

誰かに背中をトントンと叩かれたときに、強く叩かれたのか、弱い力で叩かれたのかは、「背中の皮膚」で感じることができますよね。これは皮膚に圧力を感じ取るための「2種類の受容器」が備わっているためです。「パチニ小体」と「マイスネル小体」といい、これが皮膚の微妙な圧度の違いを的確に感じ取っているのです。

前へ

バックナンバー

2014年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。