7月12日
飛行機で耳がツーンとする理由を知ろう

飛行機に乗って、急上昇したり急降下するときに、周囲の気圧が急激に変化します。耳の中の「外耳」と「中耳」は、普段は、「鼓膜」を隔ててうまく気圧のバランスを保っていますが、飛行機で着陸するときには、外界の気圧が急上昇するので、外耳の気圧も一気に上がります。しかし、鼓膜を隔てた「中耳」の気圧は変わらないのです。「中耳の気圧」が外耳を下回って鼓膜を外側から押すようになり、耳が圧迫されたようなツーンとした感じになるんですね。

前へ

バックナンバー

2014年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。