7月15日
キュウリに含む、脂肪分解酵素に注目しよう

キュウリには、2011年に発見された脂肪分解酵素「ホスホリパーゼ」が含まれています。これは細胞膜を構成するリン脂質を分解する酵素で、脂肪を効果的に分解します。その効果は「キュウリをすりおろすこと」で酵素作用が増えます。おろし器で細胞膜を壊すことにより、中の酵素が活発に働くようになるのです。

前へ

バックナンバー

2014年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。