10月6日
乳児と成人の眠りの違いについて理解しよう

眠りの回数や時間は、年齢によって大きく異なります。乳児や生まれたばかりの赤ちゃんは、睡眠時間が1日の半分から3分の2以上を占めています。赤ちゃんには、成人のように脳と体を交互に休ませる「レム睡眠」「ノンレム睡眠」がありません。まだ脳が未発達なので睡眠自体が未熟なのです。そのため成人に比べて長時間の睡眠を必要とします。

前へ

バックナンバー

2014年10月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。