10月10日
血液型を決めているのは何か知っておこう

私たちのカラダには、自分とは異なるものに対する抗体を作って排除しようとする免疫システムがあり、これが血液型を決めています。A型の血液の中には「B型」に対する抗体、B型の血液の中には「A型」に対する抗体があります。そのためA型とB型が混じり合うと、それぞれの抗体が赤血球に固まってしまいます。AB型の場合は、A抗体もB抗体もないので、どの血液型が入ってきても固まりません。反対にO型は抗体を両方もっているので、A型、B型どれが入ってきても固まってしまいます。

前へ

バックナンバー

2014年10月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。