10月21日
肝臓の肥満、脂肪肝について理解しよう

人間ドックで、多く指摘されるのが、「脂肪肝(しぼうかん)」です。これは肝臓の細胞の中に「中性脂肪」が溜まってしまう病気です。わかりやすく言えば、「肝臓の太りすぎ」であり、カラダの危険信号なのですね。特に症状が進むと、「肝硬変(かんこうへん)」という肝臓が硬くなって小さくなる状態に陥ってしまいます。お酒を飲む人、甘いものが好きな人にも多い症状なので、心当たりのある方は要注意です。

前へ

バックナンバー

2014年10月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。