10月22日
首まで10分入浴で、肝臓の働きを高めよう

肝臓に効果的な入浴法は、半身浴より「首までの入浴」です。38〜39度のお湯に、10分程度首までしっかり浸かります。体の深部体温が上がり、体内の血管が拡張されることで、肝臓へ血液が流れるようになります。それによって疲れた肝臓の働きを高めることができますよ。

前へ

バックナンバー

2014年10月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。