10月23日
声帯の振動数で、声の高低が違うと知ろう

声帯の長さは、男性が約20mm、女性が約16mmで、男性のほうがやや長めです。声は、声帯の振動数が多いほど高くなります。女性の声が男性より高いのは、声帯の長さが男性より短く、振動しやすいためです。思春期に男性の声が低くなるのは、のど元にある「甲状軟骨」が飛び出て、声帯のひだが長く伸びるためです。

前へ

バックナンバー

2014年10月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。