10月24日
ふくらはぎを揉んで、血流をアップさせよう

心臓から下半身に流れた血液は、脚の筋肉の動きなどによって心臓に戻ります。よって、脚を使わないと、血流が悪化してしまうことがあります。脚をあまり使わない人は、日常的に「ふくらはぎ」をもむか、軽く叩くことで、血流を良くしてあげましょう。特に運動不足の人は、硬くてもみにくいことがあるので、「手の平」ではさむようにして叩くとよいでしょう。

前へ

バックナンバー

2014年10月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。