10月29日
下痢に効くゲンノショウコの煎じ汁を飲もう

昔から下痢止めの薬草として使われてきたのが「ゲンノショウコ」です。たちどころに効果が現れるところから「現の証拠」と言ったのが語源です。それくらいすぐに効果がある生薬で、漢方の素材にはない、日本の民間薬の代表格です。煎じ汁の作り方は、乾燥したゲンノショウコ10gを水600ccが半分になるまで煎じ、1日3回に分けて飲むだけです。漢方薬局などでも購入可能です。

前へ

バックナンバー

2014年10月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。