11月20日
食器のサイズを小さくして、満腹感を出そう

食器が空になると、本当の満腹感とは関係なく、「ニセの満腹感」を得られるようになります。また小さいスプーンで汁ものをすくうと、口に運ぶ回数が増えるので、食事スピードが下がります。お皿のサイズやスプーンのサイズを小さくするだけで、「早食い防止」に効果が期待できます。

前へ

バックナンバー

2014年11月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。